現代社会では多くのデジタル化された情報が容易に入手できます。例えば、株価の時系列データ(時間的に連続して変化するデータ)、国が発行する白書類、またビッグデータと呼ばれる大量雑多なデータなどであります。これらのデータの中から自分が必要とするデータを選別、加工、解析し応用することが重要です。
 まず、データの収集・整理・加工・分析方法は各人の必要により異なり、各種の方法があります。データの加工はFortran、C、JAVAなどのプログラム言語を用いて加工のためのプログラムを作成します。しかし、これはプログラムの知識を必要とし、初心者には容易ではありません。また、データ分析は専門分野の学問的基礎知識、数学、経験を必要とします。
 現代ではスプレッドシートを用いて情報を処理する方法があります。そこで代表的なスプレッドシートであるMS-Excelを用いて、データの入力、加工、解析、応用方法を学びます。